採用情報

社長メッセージ

当社は、1988年の会社設立から30年が経過しています。これまで、JR東日本グループのメンバーとして「究極の安全」を追求して、全社員一丸となって取り組んできました。その結果として、大きな事故を防止してお客さまの信頼に応えてきています。

目的地まで安全にお運びすることはバス事業者として当たり前のことですが、軽井沢でのスキーツアーバス転落事故などの大惨事が途絶えていないのも事実です。悲惨な事故を二度と起こさないという強い決意のもとに、国、バス事業者、旅行業者が協力・連携して安全確保を最優先に取り組むこととしています。当社はさらなる取り組みとして、安全訓練車を導入しています。最新技術を活用して安全運転にかかわる項目を数値化し、指導者と運転士とがデータ共有することで、運転技術の向上を図っていきます。

営業面では、2017年に西日本ジェイアールバス株式会社と共同で仙台~富山・金沢間に「百万石ドリーム政宗号」の運行を開始しました。開業当初は週末だけの運行でしたが、2018年より毎日運行にグレードアップしました。また、新たな定期観光バス「お散歩号」を作りました。青葉城を含む仙台市内と日本三景の松島を周遊する二つのコースに分けたことで、手頃に観光地を周遊することができると好評を博しています。どちらもまず挑戦してみようという姿勢から始まりました。

東北地方では人口減少が始まっていますが、JR東日本グループ経営ビジョンに示した変革により、インバウンドも含めて、多くのお客様を魅力ある東北にお迎えする施策を続けていきます。当社を発展させていくためには、これまでの仕事の概念にとらわれず、価値を創造できる斬新な発想ができる人材が必要です。常に新しいことに挑戦していく皆様のご応募をお待ちしております。